« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の2件の記事

2007.07.26

補完

Second Life Viewer の中のスクリプトエディタは、キーワードの色付けはしてくれるが、補完をしてくれない。 ;;

VS2005 のインテリセンスに慣れた身には非常に辛い。。。

で、探してみたら、普通に lslWiki に Linden Script に対応できるエディタがリストアップされてるじゃないですか。
http://rpgstats.com/wiki/index.php?title=AlternativeEditors

でも、この中で補完ができることを知っていたのは Notepad++ だけで、なぜかこれだけ設定ファイルへのリンクが切れていた。。。

しょうがないので、さらに探すと、、、
http://adammarker.org/shill/
が出てきた。
(ここで設定ファイルが2つ(キーワード色付け用と補完用)あるエディタが補完できるのだろう。たぶん。)

ここの userDefineLang.xml を Notepad++ と同じフォルダに入れて(zip 版の場合)、
(インストーラ版なら、C:\Documents and Settings\[UserName]\Application Data\Notepad++ に入れないとダメっぽい。)
lsl.api は、コマンドラインで、

sort lsl.api > "lsl 1.13.api"

としてソートして lsl 1.13.api を作り
これを、APIs フォルダに入れて、
Notepad++ を起動して、language メニューで LSL 1.13 を選択すれば、
[Ctrl]+[Space] で補完ができた!
[Ctrl]+[SHIFT]+[Space] でファイル内に書かれている単語で補完もできる!
快適快適。

ソートすることに気付くのがミソだね。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

やっと日本語版が登場

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20352802,00.htm

やっと出たのね。Second Life 日本語版。
4月の予定だった気がするけど、、、

1.18.0.6 とのことなので、前から使ってるのを普通にバージョンアップしたのと同じっぽい。

Nicholaz もバージョンアップしてるね。
nicholaz-18a.zip を展開して、Nicholaz.exe だけ、SecondLife のフォルダに入れて実行すれば、 ちょい軽くなる!

 

今日は、パーティクルで遊んでみた。

default
{
    state_entry()
    {
        llParticleSystem([
            PSYS_PART_FLAGS, PSYS_PART_EMISSIVE_MASK | PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASK | PSYS_PART_INTERP_SCALE_MASK ,
            PSYS_SRC_PATTERN,PSYS_SRC_PATTERN_DROP,
            PSYS_PART_START_COLOR, <0,1,1>,
            PSYS_PART_END_COLOR, <1, 1, 1>,
            PSYS_PART_MAX_AGE, 4.0,
            PSYS_SRC_BURST_PART_COUNT, 1,
            PSYS_SRC_BURST_RATE, 0.1,
            PSYS_PART_START_SCALE, <0.2, 0.2, 0.2>,
            PSYS_PART_END_SCALE, <0.1, 0.1, 0.1>,
            PSYS_SRC_ACCEL, <0.01, 0.01, 0.01>,
            PSYS_SRC_BURST_RADIUS, 0.0]);
    }
}

と、PSYS_SRC_PATTERN_DROP を指定すれば、その場にとどまるので、 自分が動くと軌跡が描ける。それだけ。^^;

Snapshot_002

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »