« やっと日本語版が登場 | トップページ | すごい飲み会 »

2007.07.26

補完

Second Life Viewer の中のスクリプトエディタは、キーワードの色付けはしてくれるが、補完をしてくれない。 ;;

VS2005 のインテリセンスに慣れた身には非常に辛い。。。

で、探してみたら、普通に lslWiki に Linden Script に対応できるエディタがリストアップされてるじゃないですか。
http://rpgstats.com/wiki/index.php?title=AlternativeEditors

でも、この中で補完ができることを知っていたのは Notepad++ だけで、なぜかこれだけ設定ファイルへのリンクが切れていた。。。

しょうがないので、さらに探すと、、、
http://adammarker.org/shill/
が出てきた。
(ここで設定ファイルが2つ(キーワード色付け用と補完用)あるエディタが補完できるのだろう。たぶん。)

ここの userDefineLang.xml を Notepad++ と同じフォルダに入れて(zip 版の場合)、
(インストーラ版なら、C:\Documents and Settings\[UserName]\Application Data\Notepad++ に入れないとダメっぽい。)
lsl.api は、コマンドラインで、

sort lsl.api > "lsl 1.13.api"

としてソートして lsl 1.13.api を作り
これを、APIs フォルダに入れて、
Notepad++ を起動して、language メニューで LSL 1.13 を選択すれば、
[Ctrl]+[Space] で補完ができた!
[Ctrl]+[SHIFT]+[Space] でファイル内に書かれている単語で補完もできる!
快適快適。

ソートすることに気付くのがミソだね。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

|

« やっと日本語版が登場 | トップページ | すごい飲み会 »

「プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20208/15902257

この記事へのトラックバック一覧です: 補完:

« やっと日本語版が登場 | トップページ | すごい飲み会 »