« DNRH-001 | トップページ | 秋葉 »

2008.04.26

TortoiseSVN で sourceforge.jp に import する方法

■まず鍵を作る。
 ここを参考にさせてもらい、 cygwin から

ssh-keygen -t rsa

 として、鍵を作成。
 #PuTTY 的には、RSA 推奨らしいので、dsa ではなく rsa にした。

■sourceforge.jp に登録
 sourceforge.jp にログインして、[アカウント管理]のところの一番下の
 [CVS/SVN/SSH で共有する公開鍵]のところ(すごい見逃す^^;)に、
 さっき作った id_rsa.pub の内容をコピペする。

■さっき作った id_rsa を id_rsa.ppk に変換する
 ここを参考に、 puttygen.exe で [変換]→[鍵のインポート] して、
 [秘密鍵の保存]で、id_rsa.ppk を保存する。
 ★これがミソ!
 ★id_dsa.ppk は PuTTY 用の形式で、TortoisePlink.exe もこの形式を
 ★使うみたいなので、変換しておかないと、繋がらない。これでハマった;;

■TortoiseSVN の設定
 TortoiseSVN のメニューの Settings → Network → SSH client のところで、

C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe -C -l salt -i id_rsa.ppk

 を書いておく。
 #ユーザ ID が salt の場合。
 #TortoisePlink.exe と id_rsa.ppk へのパスは適切に。

■Repository Browser でアクセスしてみる
 Repository Browser の URL: に、

svn+ssh://salt@svn.sourceforge.jp/svnroot/<ProjectName>

 と、書けばパスフレーズを聞かれて、アクセスできるようになった。
 #ユーザ ID が salt の場合。

 sourceforge に鍵を登録してから、1時間ぐらいかかるとか書かれてる
 サイトもあったけど、特にそんな時間は必要なかった。

■パスフレーズを毎回聞かれるのは面倒なときは
 pageant.exe を起動させて、タスクトレイのアイコンから、
 [鍵の追加]で、id_rsa.ppk を追加すればOK

 

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

 

|

« DNRH-001 | トップページ | 秋葉 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20208/41000526

この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseSVN で sourceforge.jp に import する方法:

« DNRH-001 | トップページ | 秋葉 »