« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月の3件の記事

2010.02.24

JIT 化された Dalvik で 1.5 倍速!

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=637419
これを見つけた!
昨日からあったみたいだ。

linpack ベンチマークテストで、2.3 ぐらいが 3.5 ぐらいになったので、約 1.5 倍速!

ADP1 で System Recovery が RA-dream-v1.5.2 だと、↑のページに書かれてる通りでは SD card を mount できなかったけど、
> you need 1 file, it’s called libdvm.so
と書かれてる通り、libdvm.so を /system/lib に直接コピーしたら特に問題なく高速化されました!

1. Download www.androidonroids.com/dusted-donuts (File has 3 scripts backup, install, restore, 2 folders, 1 libdvm.so)

これを落として、展開して、lib/libdvm.so があることを確認。

CM4.2.14.1 を焼いた状態で、Windows の cmd.exe から、

adb push libdvm.so /sdcard
adb shell

mount –o remount,rw /system
cd /sdcard
cp libdvm.so /system/lib
sync
reboot recovery

reboot して recovery mode に入るので、全部 wipe (data/factory reset, Dalvic-cache, SD:ext partition を wipe) してから reboot

これでベンチマークテスト上では 1.5 倍速!
ちょっと引っかかる感が増えた気もするけど、速い!

SuperD 1.9.2 でも同様にできたけど、USB が繋がってるとリブートを繰返すので、CM の方がよさげ。

100309 追記
 CM 4.2.15.1 で、これをやると、Home が起動できないループにハマるのでご注意下さい。。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010.02.21

写真展

写真展に行ってみた。
With You  写真展 by 20 photographers
大学時代の同期が、大企業辞めてプロのカメラマンになるとのことで。

でも、携帯カメラで十分満足な自分には、いまいちわからない世界でした^^;
デジカメの firm 開発に関わってた頃には、それなりに写真の勉強をしたけれど、
いまいちアナログな世界についていけず脱落した経験があるので、余計尊敬したのでした。

帰りに、ちょっと思い出のあるタヒチまで行ってみたけど、、
ades で調べたらこの↑のページがでてきて、評価低かったので、入らずそのまま帰ってきたのでした^^;

#無職という単語を言ってしまったのは失礼したm(..)m
#ただの冗談のつもりだったのだが、周りに人が居る場所では良くなかったな^^;
#まぁ、来月には成功してそうだからいいけどね。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

やっぱり化ける BufferedReader

ここの続き。

先週末、BufferedReader のバッファサイズを 3KB まで減らせば、テストコードでは全く化けなくなることを発見した。<Android 1.6 上ね。 2.0 では元々全く化けない。

(このテストコード、最後に全部 close() してるけど、全部 closeable interface を継承してるから、最後の BufferedReader だけ close() するのが正しいね。)

バッファサイズを増やせば明らかに化ける確率が減るので、減らす方向では全くテストしてなかったのだ^^:

でも、さっき、3KB に設定した En2ch Ver.1.1.15 で文字化けを発見してしまったのでした。。;;

確率的には減ってるとは思うのだけどね。。

バッファの境界で化けてるかと思ってたけど、InputStreamReader の中で化けてるっぽい。文字コード変換でしくってるのかねぇ。早く全部 2.0 にしてくれ~。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »