« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月の3件の記事

2010.11.26

Desire HD で root (その2)

#輸入版ではなく、SoftBank 001HT の話。
#以下自己責任でお願いします。

前回は、S-OFF をやってなくて、/system とかを remount することができず、ファイルを書き換えることはできなかった。
(ということに気付いてなかった。読むことはできるので満足してた。)
ので、S-OFF までやってみた。

色々調べると、dd で HBOOT を直接書き込んでいてすごく危ない(失敗したらブートできない)ので、やめようと思ったが、ここのツールは MD5 を取って確認しながら作業できるので、安心だと思って、これを使わせてもらった。(失敗しても電源切る前なら書き戻せる。)

ということで、手順のメモ。

VISONary+ r13 で permroot をとる

ここから、DHD-v0.6-tempfix.zip を落とす

■それを解凍して、DHD-smart ディレクトリを、
DHD というディレクトリ名で SD-Card のルートに置く。 
PC に繋いで MSC (Mass Storage Class) モードにして、explorer でコピーするだけ。

■Android Terminal Emulator を Market からインストール
自分は、DevPhone の CM6 の terminal を抜いてインストールした後だったので、
入れる必要無かった。

■それを起動して、

$ su
# sh /sdcard/DHD/check

を実行。
CIMG2145 
上2つの MD5 sums が同じなら、次に進む。
エラーっぽく見えるところは、その下にある説明のとおり、問題なし。

■sh /sdcard/DHD/backup を実行。
CIMG2146
また同じなら次に進む。

■sh /sdcard/DHD/hboot を実行。
CIMG2147
今度は3つの MD5 sums が出るので、
1つ目と2つ目が同じなら成功。
1つ目と3つ目が同じなら失敗だけど、全く書けてないのでリブートしても大丈夫。
1つ目がどれとも同じでなければヤバい!電源切ったらもう二度と起動できない!電源切る前にフォーラムに書き込んで助けを求めれるしかない!
たぶん、sh /sdcard/DHD/restore_hboot とすれば戻せそうだけど、未確認。

ボリュームボタンの下を押しながら電源いれて、
CIMG2148
のように、1行目の S-ON が S-OFF に変わっていたら成功!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.20

Desire HD にストラップ

Desire HD にどうしてもストラップを付けたくて考えた末やってみたことの紹介。

下の画像の通り、釣り糸を強引に通して繋いでみた。(見えないと思うけど^^;)

CIMG2061

普通に適当に縛るとすぐ取れてしまうけど、昔よく使ってたクリンチノットをしてみたら、すごい強度になった (^^)v

釣り糸ってすごい!

ちなみに、左側のバッテリ蓋の傷はドスパラ秋葉店のおやじにつけられたもの。本体側も塗装が削れてアルミの地金が見えている。もうあそこでは買わないだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.19

Desire HD で root

S-OFF と言われているのは、まだやっていない。
S-OFF にする方法は、こっち
とりあえず、root は取れたので、メモ。

輸入版ではなく、SoftBank 001HT の話。
以下自己責任でお願いします。

■私の Desire HD のバージョンは以下の通り
    □ベースバンドのバージョン:
       12.28b.60.140eU_26.03.02.26_M
    □カーネルのバージョン:
       2.6.32.21-g66cfb7a
       htc-kernel@and18-2 #1
       Tue Oct 26 15:58:17 CST 2010
    □ビルド番号:
       1.35.762.2 CL277010 release-keys
    □ソフトウェアの番号
       1.35.762.2

    これ以外だと、以下はできない可能性あり。
    海外モデルの方が kernel とかちょい古そうだし。

■用語はよく知らないけど、たぶん以下のとおり
    □temproot
       電源切るまでは root になれる。su が使える。
       001HT には標準で busybox が入ってて、色々できそう。

    □permroot
       permanent になるってことだろう。
       電源切ってリブートしても、root になれる。

    □S-OFF
       Security off ?
       recovery mode (volume down 押しながら電源 on) のイメージを書き換えて、
       野良 firm を焼けるようになる。はず。まだやってない。 
       これ間違ってた^^; recovery mode の前の HBOOT を書き換えるのだった。
       S-OFF にしないと、/system とかを remount できず、ファイルの書き込みが
       できないのでした。
       S-OFF にする方法は、こっち



■permroot の取り方
    □一言でいうと、VISIONary+ r13 を入れて、
       「temproot now」をタップして、
       「Attempt Permroot n」をタップするだけ。
       なんて便利な世の中なんだw

    □詳細
       http://android.modaco.com/content-page/320350/10-nov-r12-test-visionary-one-click-root/page/120/
       ここの #133 から、VISIONary+ r13 を落として、インストール。

adb install –r com.modaco.visionaryplus.r13.apk

       起動すると、「temproot now」 という行があるので、それをタップして、
       十秒ぐらいドキドキしながら待つ。チェックは何も付けなくていい。

       その後、「Attempt Permroot n」 という行をタップ。
       さらに十秒ぐらいをドキドキしながら待つと、 勝手にリブートして、
       root を取った状態でブートする。

       自分は、帰りの電車の中でやったので、バッテリがすごく心配でした。
       AC アダプタ繋げてやるべきだと思う。

       r12 だと、リブート繰り返すことがある、との書き込みがあったので、
       r11 か r13 が良さそう。
       r13 は Desire HD のスレではなく T-Mobile G2 のスレにあるので、
       ちょい不安だったけど、問題は無さそうだった。

       海外の Desire HD は、kernel とかちょい古いので、
       001HT な Desire HD で同じことができるのか、すごく不安で、
       これ以上試せない、、、ので、誰か S-OFF を試してくださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »