« 2012年4月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の3件の記事

2012.12.29

LUXMAN LXU-OT2 (その3)

その後、秋月で MUSES8920D, LME49860NA を買ってきて、色々挿し替えて楽しんでた。
LME49860NA は高電圧が必要そうなので、R30 に 6.9KΩを付けて、12V → 14.3V ぐらいに気持ち上げた。 (耐圧が 16V のコンデンサが付いてるので、ちょっと少なめ。)

色々聴いた感じでは、HPA 側は、デフォルトの NJM4556AD が優秀だと思った。しばらく NJM5532DD を使っていたけど、低音の締りが NJM4556AD の方がいい。やっぱ、73mA 出力できるのが大きいのかな?
(NJM5532DD は38mA (Short Circuit Current) しかない。)

LME49860NA も、低音はちょっと負ける感じがした。色々な音が聴こえて解像度がいいと言うのか全域で音が鮮明な感じですごく良いんだけど、低音だけはちょっと緩い感じ。
これも 53mA だからなのだろうか?
(これは、Instantaneous Short Circuit Current と書かれてるので、瞬間的には最大 53mA 流せるけど、あんま余裕はないよ、ってことなのだろうか?)

結局、RCA 側 LME49860NA、HPA 側 MUSES8920D で落ち着いた。MUSES8920D は、Short Circuit Current 100mA なので HP 駆動には余裕があってよさげ。
だけど、BURR BROWN な音も聴きたくなってきた。OPA2604AP とか。ちょっと古い設計っぽいけど。
なんか、OP-AMP 収集に走りそうでよくないね^^;;

番外で、センサー用に買ってあった、オーディオ用ではない NJM2119D を試してみたけど、普通に音が出て、でもちょっと変な音で、面白かった。高音よりで中音が抜ける感じか?
同じくセンサー用の CMOS な LMC662CN は、低音は全くダメ、低音で負荷が高くなるとノイズが出て、オーディオには全く使えないことがわかった。

OP-AMP っておもしろい。

その4に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.26

LUXMAN LXU-OT2 (その2)

その後、音声信号が通るコンデンサ8つを全部交換してみた。
全部、オーディオ用としては普通な MUSE ES。 ほんとは、MUSE KZ とかのがいいのだろうけど、PCM2704 でそんなに頑張ってもしょうがないだろうと思ってしまったので。

そしたら、また、ピー音が聞こえてしまうとうことに。。;;

前回は C4 に並列に低ESRなコンデンサを付ければピー音が消えたので、さらに追加すれば消えるかと思ったが、今度は消えず。。

C3 に並列に付けると多少減るけど消えず。。

C2 に並列に付けてもダメ、、と思ったが、低ESRじゃない普通のコンデンサを付けたら、C3 に付けるよりも減ったのでした。
(ここに付けて改善するってことは、PC の USB 電源が汚いってことだね。)

C3 にも付けとこうかと思ったけど、DCDC IC でコントロールされてるし、あんま触らない方がいい気がしたので、触らず。

image

image

とりあえず、こんな感じで、満足したのでした。
ついでに、OP-AMP の電源に最短距離で低ESRなコンデンサを付けてみたが、これが音にどう影響するかはよくわからず^^^;; マイコンとかで使う積層セラミックコンデンサを使うのは良くないというのを何ヶ所かで見たので、積層セラミックはやめたほうがいいっぽい。(セラミックはピエゾ効果あるから、振動でノイズが発生する。)

コンデンサ替えたら、高音が綺麗に伸びるようになった気がする。低音の締りはあんま変わらずだけど、すごく聴きやすくなった。

一応、替えたのをリストアップしておくと以下の通り。計180円、やすっ。
10uF 25V 15円x2
22uF 25V 20円x2
4.7uF 25V 15円x2
220uF 25V 40円x2

MUSE KZ だと、秋月には 220uF しか無いね。小さいのは、33uF でもいい気はするけど、音の味付けは変わりそう。 最終段の 220uF はヘッドフォンのインピーダンスとの関係だけになるので、適当に増やしてもいいと思う。 10uF, 22uF, 4.7uF は、後段のインピーダンスに合わせて LUXMAN 的な値が使われてるはずなので変えない方がいい気がする。

その3に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.24

LUXMAN LXU-OT2

秋月のUSBオーディオDAコンバーターキットを買おうかなと思っていたところに、Stereo 2013年1月号に同様なもの(+ヘッドフォンアンプも付いてる)が付録として付いていたので買ってみた。2800円也。

自作PCのヘッドフォン出力は、LとRでノイズ量が違ってちょっと疲れる音なのだけど、LXU-OT2 ではそんなこともなく、綺麗に聞こえた。

けど、ちょっとボリュームを上げると、ピーという音が出て、結局付録だからなぁ、とか思ってしまった。

けど、とりあえず、コンデンサをいろんなコンデンサに並列に当ててテストしてみたら、C4 に当てれば消えることが判明。DCDCのチョッパで発生したノイズが除去しきれてないようだ。

ということで、前に秋月でよく調べずに買ったチップ電解コンデンサ[330μF35V](ニチコン・UDシリーズ)をC4と並列に付けることで、ピー音は結構消えたのでした。
今買うならチップ電解コンデンサ1500μF16V(パナソニックFK)こっちを買うな。
というか、オーディオ用の低ESRのを使えばいいのか。普通の低ESRのを探してた^^; 電源用に使うだけだし、オーディオ用を使う必要も無いと思ってたよ^^;;

でもボリュームを最大まで上げると、また別のノイズが聞こえる。。。ので、まだまだ遊べそうw

手持ちの OP-AMP は、NJM2114DD, NJM5532DD, NJM4580D ぐらいしかないので、とりあえず、RCA 側を 2114、HPA 側を 5532 に挿し替えて、視聴中。OP-AMP変えなくても普通に綺麗な音だったので、値段からすると十分お得だと思う。

音については、書けるような耳は持ってないけど、、、
大昔の普通のヘッドフォン ATH-A7X (60Ω) で聴く限り、CDプレーヤとしては評価が悪かった(SACDは評価が良かったような気がする) SCD-XD9 のヘッドフォン出力の方が解像度が高くて情報量が多い感じでかつフラットで安心して気持ち良く聴ける感じでした^^;
自作PC(ASUS P8Z68-V PRO) + LXU-OT2 の方は、同じ曲で Apple ロスレス・オーディオファイルなんだけど、女性ボーカルの艶っぽいところが少ないとか、なんか中低音が多いけどぼやけてるとか、高音部分がゆらゆらしてるとか、そんな感じでした。
それでも、マザーボードのアナログなヘッドフォン出力に比べればノイズが少なく遥かに綺麗な音だとは思います。

その2に続く。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2013年1月 »