« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月の2件の記事

2013.01.17

LUXMAN LXU-OT2 (その5)

仮想グランドが揺れているらしいとこのことで、見てみた。

その結果、確かに揺れてたのでした。

仮想 GND なんて別に電力を消費する訳でもないだろうし、電位を維持ししてればいいだけだから 100uF あれば十分だろう、と思っていたのだが、、、波形を見てみると結構揺れてたのでした。
結構消費されるってことか?

FewFile0
これは、C6 の + 側の仮想 GND を見ている。(20mV/DIV で見とくべきだったな)
WaveGene で 100Hz な sin 波を 0dB で出力して、ボリュームを最大にすると、7V ぐらいに対して 54mVp-p 程度の揺れ。 1%近く揺れてることになるね。
C2, C4 を強化した状態でこの結果だから、デフォルト状態だと、もっと揺れると思う。
(R30 減らして 12V → 14V ぐらいに上げてあるので、その半分の 7V)

仮想GNDは、U1 用は R18, R20, C7 で作ってて、U2 用は R17, R31, C6 で作っているようだ。 別々に作っている理由が理解できないのだが、ラックスマン的理由があるのだろうか??

とりあえず、C6, C7 に低ESRな 330uF を追加したら、
hewFile0
半分以下にはなった。けど、まだまだ残ってる感じ。。
でも、まぁ、ここらへんであきらめることにする。
これでも、低音が締まるようになっていい感じにはなった。よくわからんけど左右の分離が良くなった気もする。

ピッと伸びてるノイズがあるのは気になるね。単に安物オシロの問題だったりするのかな?積層フィルムコンでも並列に入れてみるかな?

C4 にブリーダ抵抗つけてる人が居るけど、無駄に電力消費するなら、R18, R20, R17, R31 の 10KΩを 500Ωぐらいにした方が、仮想 GND の反応が良くなって有意義に使えていいんじゃないかな? まだ、試してないけど 500Ωだとすごく安定すると思う。自分は無駄に消費するのは嫌だから、1KΩで試してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

LUXMAN LXU-OT2 (その4)

C2 と C4 を強化することでピー音は消えたので、それ以降特に手は入れてないのだが、2ch を見てると、12V を作る MC34063 が PFM (Pulse Frequency Modulation) で動くから、チョッパ周波数が可聴域まで下がってきて、ピー音になる、とのことだったので、波形を見てみた。

結果、確かに、PFM になってた。ボリュームを最大にして負荷をかけても PFM になってた。PFM といっても、Frequency がなめらかに変わるわけではなく、パルスを抜くだけなので、周波数は、一気に 1/2 になってる。。
(OP-AMP は A 級動作してる?とすると、ボリューム関係無く負荷はかかってる??)

MC34063 の 3pin を見ると、44KHz 付近で発信してるので、可聴域ではないのだが、パルスを抜くので、1つ抜ければ 22KHz 付近、2つ抜ければ 14.6KHz 付近、以下同様に 11KHz, 8.8KHz, 7.3KHz, 6.3KHz, 5.5KHz, ... となって可聴域に入ってくるようだ。

http://youtu.be/no5co-C8b4U
LXU-OT2 の MC34063 は、高負荷時は PWM 動作、低負荷時は PFM 動作とのことなので、MC34063 の 1 pin を見てみたもの。(L1 の 足に当ててる) <これ間違いっぽい。高負荷でも PWM にはならないっぽい。
Volume は MAX だけど、PFM 動作してる。。そりゃ可聴域に入ってくるわ。
低音とかでエネルギー使った後は、スキップしてた部分も使ってることがわかる。
無音だと、安定して歯抜けになってるけど、撮るの忘れた^^;;

#Galaxy Nexus で手持ちで撮ってるので斜めで揺れまくりです。。
#かかってる曲には特に意味無し、たまたま聴いていたもの、ヘッドフォンの音を Galaxy Nexus が拾ってる。

でも、まぁ、C2, C4 にコンデンサ付けただけで、ピー音は聞こえなくなってるので、気にしないことにしよう。

その5に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »