« V-USB を AtmelStudio 6 でビルドする | トップページ | BeagleBone Black に Ubuntu 13.04 を入れた »

2013.06.23

Android で USB-IO-Mini が動いた

USB-IO-Mini (勝手にこう呼んでるだけw)を Android に繋いで、ディジタル入力(4bit)or ディジタル出力(4bit) or アナログ入力(3pin)ができた!
いや、もう1年以上前にはできてたのだけど、動確できたら気が抜けてほったらかしにしてた^^;; ソースコードの日付から 2012/5/28 には動作確認が取れてたことがわかる。ずっと忙しかったからなぁ。。

ソースは、こちら。 動確用だし適当かも^^;;

H/W 的には基板を作ってみたものの中身はPCで制御してた頃から全く変えてない。
北京で買った USB Host 用のケーブルを付けて、Android 端末(Xperia Z)に付けただけ。Galaxy Nexus でも特に問題なく動いている。深センで買った ATTiny85 も1年ぶりぐらいに偽物じゃないことを確認できた。(同じ日に買った 32GB USB メモリが 8GB だったのはいい思い出w)

アナログ入力(3pinまで)もできてるけど、H/W 作るのが面倒で動画には入れれなかった。

まぁ、これができたところで、特に使い道が思い浮かばないのだけどね^^;;
とりあえず、4bit 出力があれば、12V の電源を用意することで AVR の fuse のリセットはできるので、結構有用かも?
あとは、使わなくなった端末に繋げて Wi-Fi 経由でコントロールとかかな?

|

« V-USB を AtmelStudio 6 でビルドする | トップページ | BeagleBone Black に Ubuntu 13.04 を入れた »

「H/W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20208/57646262

この記事へのトラックバック一覧です: Android で USB-IO-Mini が動いた:

« V-USB を AtmelStudio 6 でビルドする | トップページ | BeagleBone Black に Ubuntu 13.04 を入れた »