« Beaglebone Black に LCD を付けた(その3) | トップページ | モバイルバッテリー »

2014.02.11

LPCXpresso LPC11U68 が当たった

NXP の Twitter と Facebook でやってた LPCXpresso LPC11U68 の懸賞に当選した^^
自分の誕生日(2/5)の締め切りの懸賞だったから、いい誕生日プレゼントになって嬉しかった^^

ボード番号(?)は、OM13058 らしい。
MOUSER で調べると、\3939.5 だね。結構高い。Raspberry Pi が買えちゃうじゃん。

以下、サンプルの LPC11U6x USB to I2C Bridge Implementation を使ってみた時のメモ。
当然だけど、最初から入ってる、LED を R→G→B→… と点灯させるデモは消えるので注意。これのソースはどこかにあるのだろうか?結構探したけど見つからない。。

■LPCXpresso IDE をダウンロード&インストール
http://www.lpcware.com/lpcxpresso/download ここから LCPXpresso IDE を落としてインストール

image

 

■Activate
Help → Activate LPCXpresso (Free Edition) → Create serial number and register...
両方チェックして、Webページを開いて、登録、Activation Key が生成されるので、
Help → Activate LPCXpresso (Free Edition) → Enter Activation code...
に貼り付け

image

 

■好みで、workspace を変えておく
デフォルトでは、
C:\Users\<name>\Documents\LPCXpresso_<version>\workspace
になってるので、
File → Switch Workspace → Other...
で、適当に変更。
自分は D:\Projects\LPCXpresso\workspace にした。

 

■Project の Import
左下の Start here のボックスの中の Import project(s) を押して、
Project archive (zip) のところに、ここから落とした、usbsio_v2_06_lpcxpresso_nxp_lpcxpresso_11u68.zip を指定→Next→全部チェックしたまま Finish

image

image

 

■Build
[Ctrl] + [B] か、010 と書かれてるアイコンでフルビルド

image

 

■ボードを繋げてデバッグしてみる
USB Link2 の方に繋いで、虫アイコンなボタンでデバッグ開始。
ドライバは何も入れてないはずだけど、挿すだけで認識されてた。ちがうか、LPCXpresso IDE をインストールした時に入ったのか?
[F6] で Step Over、[F5] で Step Into、[F7] で Step Return とか、普通に Eclipse と同様に使える。Eclipse ベースで作られてるみたいだから当然か。でも、アイコンの並びは違うんだよな。
虫アイコンの前に、赤い鎖アイコンと赤い長靴アイコンも押したから、これらも必要かもしれない。その後は、虫アイコンだけでデバッグに入れてる。

image

image

 

■焼いてみる
↑の時点で debug 版が焼かれてると思うが、Release 版を焼いてみる。
Project Explorer で、プロジェクトを選んで、トンカチアイコンかその横の歯車アイコンで、Release に変える。
3プロジェクト全部 Release に変えてから、[Ctrl] +[B] でフルビルド。

image

ICアイコンをクリックして、Program flash memory のところで、Release ディレクトリの中の usbd_rom_hid_i2c.axf を選択して、[OK]

image

当然だけど、最初から入ってるデモは消えるので注意。

 

■動作確認
USB ケーブルを、USB Target の方に挿し替えて、ここから落とした LPC11U6x_USB_I2C_Bridge_GUI.zip を起動、右下に HID-I2C hardware detected が表示されて、[Bus Scan] ボタンが有効になれば成功!

image

image

 

■I2C LCD を繋げてみる
Strawberry Linux の I2C低電圧キャラクタ液晶モジュール(16x2行) - SB1602B を繋げてみた。
回路図は、http://www.nxp-lpc.com/lpc_micon/cortex-m0+/lpc11u60/ に置かれてる。

image

image

s-DSC01388

けど、Bus Scan すると、スキャンがアドレス 3Eh で止まってしまう。。
アドレスは合ってるから、read できないデバイスというのが問題なのだろうか??
数週間後にソース置くよって書かれてるのに、置かれてないし、これ以上はわからない。。

image

 

さて、これ以上は何に使えばいいのだろう。。特にアイデアが浮かばない。。
マイコンとしてはスペック良すぎなんだよね。12bit ADC が 2Msample/sec で動くみたいだし、次はこれを使ってみるかな?

|

« Beaglebone Black に LCD を付けた(その3) | トップページ | モバイルバッテリー »

「H/W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20208/59114636

この記事へのトラックバック一覧です: LPCXpresso LPC11U68 が当たった:

« Beaglebone Black に LCD を付けた(その3) | トップページ | モバイルバッテリー »