2009.06.04

Virtual Desktop for Win32 Ver.0.941

VD Ver.0.941 をリリースした。

恥ずかしいミスをしてたので修正しました。
ダウンロードして笑ってやってくださいw

BBS に書き込んでくれた薄井さん、ありがとうございますっ!

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.05.27

VD Ver.0.94

Virtual Desktop for Win32 Ver.0.94 をリリースした。

タスクバーに、他の仮想画面にあるウィンドウのボタンが表示されるのがイヤという方が多いみたいなので、ボタンを消すオプションを追加した。

個人的には、すごく使い難くなるのだが^^;

ウィンドウを重ねて並べる機能も入れたのだが、まだテスト不足な感があるので、次のバージョンで正式に入れる予定。

人柱になってくれる方がいらしたら、VD.INI に、

HotKeyArrangeWindowsModifiers=0x3
HotKeyArrangeWindowsID=0x1011
HotKeyArrangeWindows=0x41

を追加して、[Ctrl]+[Alt]+[A] を試してもらえないですかね。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.09

VD Ver.0.93

Virtual Desktop for Win32 Ver.0.93 をリリースした。
ここ

Visual Studio 2008 に変えたら色々エラー出たので、過去のOSへの対応部分(LoadLibrary() & GetProcAddress() で API あるか調べて、無ければ別の方法使う、とか)のコードをざっくり消しちゃいました^^;

ので、Vista/WindowsXP だけの対応となります。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.17

CPUMonitorMini Ver.0.40

を、リリースした。ここ

NDIS 接続 (WLAN 接続) のシグナルレベルを線グラフで表示するように
修正しました。
今まではリンク速度を表示してたのですが、デバイスが接続できる
最速のリンク速度だったらしく、常に一定の値でした。^^;

でも、今回も、線グラフにあまり変化が無いまま切れることもあるので、
まだあやしいかも?

あと、RAS 接続と NDIS 接続を、自動切断できるようにしました。
#自分のコードで切断できるのは、なんとなく安心ですね。

ソースをパックするのをやめたので、必要なら、<http://svn.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/?root=cpumonitormini> こっちを見てくださいね。

#今日は、初人間ドックで、早く帰ってきたので、リリースしてみたのだった。
#胃カメラがあんなにつらいとは思わなかったよ^^;

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

続きを読む "CPUMonitorMini Ver.0.40"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

CPUMonitorMini Ver.0.34

Ver.0.33 では、ATOK 問題を回避するために、CPU Window を HHTaskBar の子ウィンドウにしたのだが、同様に RAS/NDIS Window を CPU Window の子ウィンドウにしてしまった(RAS/NDIS Window は CPU Window の上に出したいから)ので、RAS/NDIS Window が CPU Window の外に出れなくなっていた。

でも、それはよろしくないので、今回は、子ウィンドウではなく owner にすることで、この問題を修正しました。>Ver.0.34

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.05.13

CPUMonitorMini Ver.0.33

Ver.0.32 は、あほなミスしてました^^;
確認不足でした。

ということで、Ver.0.32 を落としてくれた方々、再度、Ver.0.33 を落としなおしてください。。。m(..)m

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.05.11

CPUMonitorMini Ver.0.32

を、リリースした。ここ

これで、ATOK の文字種別選択ウィンドウが消える問題を回避できたはず。

DevStatusBar の作者さんに依ると、自分のウィンドウを子ウィンドウにすれば回避できる、とのことでマネさせてもらっただけだけど。

ただ、子ウィンドウにすると、画面回転イベントを受け取れないので、親にしてる ClassName="HHTaskBar" を subclass 化してイベントを横取りするようにした。DevStatusBar さんのように、新たに window を作ってイベントを受け取るのが安全かもしれないけど、シンプルさと負荷の少なさで、subclass 化にしてみたのだった。

あと、DevStatusBar さんと RFStatusBar さんのソースを参考にさせてもらったので、私もソースを同梱しました。

#うちの TG とかのコードも、これぐらいC++で階層化して
#綺麗に書ければいいのに。。。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.19

タップか

CPUMonitorMini の Ver.0.30 での更新差分に、”タッチ”と書いてしまったが、”タップ”だね^^;

Touch Panel だから、そのままタッチと書いてしまったw

色んなところでそのまま引用されてるし、恥ずかしすぎw

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

CPUMonitorMini Ver.0.30

を、リリースした。ここ

棒グラフをグラデーションで描くようにした。

結構綺麗に見えて満足満足。(^^)

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.02.13

またしても先を越された

CPUMonitorMini Ver.0.20 をリリースした。
http://homepage1.nifty.com/salt/CPUMonitorMini.htm

新たに通信速度を表示する機能を付けたので、今週末まで一週間テストしてからリリースしようかと思ったのだが、、、

またしても、DevStatusBar に先を越されたことに気付き、急遽リリースしたのだった。 ^^;<ちょっと酔った勢いもあるかも?^^;

一番最初にリリースした時も、既に DevStatusBar に CPU 負荷を表示する機能があったみたいだし、 今回の通信速度の表示も、先週金曜夜のリリースで対応されていたのだった。(ここup0981.zip

で、よくよく見るとソースがついてて、CPU 負荷のところはサンプリングを細かくして、複数回前からの差分を取って表示する、 という処理をしていて、、、すげー、私にはその発想は無かった、、、負けた、、、という感じで、ちょっと呑み過ぎつつ、リリースしちゃいました。 ^^;

まぁ、3連休で、テストはしてるので、大丈夫でしょう。

(←フリーソフトを作るモチベーションアップのために、ぜひ。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧